白木祭壇プラン一覧

伝統・しきたりを重視したプラン

白木祭壇プラン一覧

白木祭壇の歴史

葬儀で用いる祭壇は「葬儀壇」とも言います。
かつての葬儀は自宅での法要後、葬列を組んで寺院に行き法要を行う「二段構え」でした。
この2つの法要が合体し、寺院での葬儀の飾りが白木祭壇の原型になったと考えられています。

当時の寺院の飾りには、小机を白布で覆い、その上に三具足・位牌・供物をのせ両脇に供花や供物、後ろには葬列で用いた幡などの野道具を並べ、仏壇や寺院の荘厳(飾り)ならって様々な飾り物を置くようになりました。※葬儀概論より一部抜粋

道プラン 28万円

道プラン 25万円

こじんまりとした葬儀を考えており、できるだけ費用を抑えたい方

詳細を確認する

時プラン 32万円

時プラン 30万円

費用を抑えつつ、遺影写真周りにお花を装飾しました。

詳細を確認する

星プラン 47万円

星プラン 45万円

最もバランスがとれた内容で、多くの方が選ぶ人気のプランです。

詳細を確認する

優プラン 75万円

優プラン 70万円

親しかった方だけに集まってもらい、好きだった花をたくさん飾りたい方

詳細を確認する

彩プラン 90万円

彩プラン 90万円

厳かな中にも優しい雰囲気で葬儀を行い、故人に対してのおもてなしを重要視した内容となっております。

詳細を確認する

雅プラン 120万円

雅プラン 120万円

日本トップクラスの職人が創る檀上花。最期は華やかに豪華に送ってあげたい方にお勧めします。

詳細を確認する

家族葬・火葬式・直葬・長距離搬送のお申込み
Copyright(c) 2003 葬儀のはるかセレモニー All Rights Reserved.  ※当サイトの全ての権利は「はるかセレモニー」にあります。無断転載及び引用は固く禁じます。