海外からの遺体搬送 遺体移動のお申込み・無料相談

TEL:0120-497-594年中無休/24時間受付

海外からの遺体搬送

■海外

ご相談・お申込の方
タッチすると電話がかかります

LINEで相談
24時間以内に返信いたします

海外からの遺体搬送International transportation

出国までは現地の葬儀社(海外)が対応します。

現地にご家族がいる場合は、領事館及び現地葬儀社の指示に従って行動し、日本側との受け入れ準備を進めます。
現地にご家族がいない場合は、ご家族が現地へ赴かなければなりません。

【海外の葬儀社が行います】※帰国まで2~3週間要します

エンバーミング納棺

国際空輸用特殊棺

必要書類の取得

必要書類の取得

帰国便の予約・搭乗

帰国便の予約及び搭乗
国際便ご利用の場合、ご遺体衛生処置としてエンバーミングを施し国際空輸用特殊棺に納棺します。
※ドライアイスは使用しません。
帰国する際に必要な各種証明書を現地葬儀社が取得します。ご本人のパスポートを現地葬儀社へお渡しください。 帰国便の予約、ご本人(棺)の搭乗及び各種手続きを行います。
AWB番号が発行されます。
必要書類 ※現地葬儀社が取得します
死亡証明(日本でいう死亡診断書にあたります)
防腐証明(エンバーミングを施した証明書です)
遺体証明
故人パスポート
AWB番号(便の予約または搭乗手続き完了後に航空会社より発行されます)

【エンバーミング】
国際便ご利用の場合、ご遺体衛生処置としてエンバーミングを施し国際空輸用特殊棺に納棺しなければなりません。

【必要書類の取得】
帰国する際に必要な各種証明書を現地葬儀社が取得します。ご本人のパスポートを現地葬儀社へお渡しください。

【帰国便の手配】
帰国便の予約、ご本人(棺)の搭乗及び各種手続きを行います。
AWB番号が発行されます。

日本入国から当社が対応いたします。

故人様が帰国するまで2~3週間程要しますので、その間に受け入れの準備をします。

手順①|申込み・相談

まずは当社へ直接ご連絡をください。 ※相談だけでもOK

遺体搬送のお申込み 0120497594
■下記の内容をお知らせください。
❶ 故人・代表者のお名前と連絡先
❷ 死亡場所の国、現在の状況
❸ 帰国便の情報(出発空港、航空会社、便名、日時、AWB番号)
❹ お迎え先の空港(羽田空港 or 成田空港)
❺ 帰国後、到着先の施設名または住所
次へ

手順②|空港へお迎え

帰国日に弊社スタッフが羽田空港または成田空港へお迎えいたします。
ご家族は自宅でお待ちください。
■航空会社から必要書類一式をご家族の代わりにお預かりいたします。ご遺体の一時預かり

羽田空港(お迎え、車両待機) ¥43,000
成田空港(お迎え、車両待機) ¥65,000
次へ

手順③|日本規格のお棺に移替え

当社安置室にて国際空輸用特殊棺から日本規格のお棺に移替えを行います。
ご希望のお棺をお選びください。

平棺 ホワイト布棺 2面彫刻棺

① 平棺

¥35,200

② ホワイト布棺

¥49,500

③ 2面彫刻棺

¥85,800
平棺|¥32,000

①平棺|¥35,200
全国的に使用されている一般的なお棺です。どの宗派にも対応しております。

ホワイト布棺|¥45,000

②ホワイト布張棺|¥49,500
表面にホワイト布を施したお棺です。女性の方に選ばれることが多いです。

2面彫刻棺|¥78,000

③2面彫刻棺|¥85,800
彫刻を施したお棺となります。厳かな葬儀をお考えの方にお勧めします。

国際空輸用特殊棺の処分費 ¥16,500
エンゼルケア
エンバーミング処置が悪く到着時にご遺体状態が悪い場合に限り、エンゼルケア処置を行います。
¥50,600
次へ

手順④|ご遺体搬送

法定速度を遵守し安全・丁寧にお帰り先までご遺体搬送をさせていただきます。
移動中は、定期的にご遺体の状態を確認し適切に処置を施します。
到着時刻の指定をご希望の方は、気兼ねなくお申し付けください。
※ おおよその所要時間はこちら

ご搬送

納棺する場合の遺体搬送イメージ
ご遺体衛生保全と安全面の観点から納棺状態で搬送移動となります。
到着先までの搬送料金
次へ

手順⑤|到着

故人様をご自宅又は葬儀社の安置室にてお休みいただきます。
お預かりした必要書類一式をお渡しいたします。
枕飾り一式(線香道具類)は地元葬儀社様がご準備いたします。
ご遺体の状態を確認し、地元葬儀社様へ引継ぎいたします。

【安置先】
① ご自宅に安置|お部屋の清掃をお願いします。
② 葬儀社の安置室|受入れ時間の指定がある場合があります。事前にご確認ください。

次へ

手順⑥|ご精算

お支払方法は、現金のみのお取り扱いとなります。

現金

現金にてお支払い

 

現地に到着後、ドライバーが料金を計算し現金にてご精算となります。  

遺体搬送をする前にBefore

事前に準備しておく内容

ご遺体搬送を行う前に、安置先・葬儀社を事前に決めておくとスムーズにご遺体搬送が行えます。

安置先を決める ① 自宅に安置|お部屋の清掃をお願いします。男手(2~3人)が必要です。
② 葬儀社の安置室|受入れ時間の指定がある場合がございます。事前にご確認ください。
葬儀社 ご葬儀の依頼をする。

死亡証明について

・海外で発行される「死亡証明」は、日本でいう「死亡診断書」の事です。
・日本の役所では添付書類として「死亡証明」と「死亡証明の翻訳」を死亡届添付書類として提出します。
・「死亡証明の翻訳」は誰が作成してもよい。

死亡証明の翻訳記載例

0120497594

<< 前のページに戻る