死亡時の対応,病院で死亡,介護施設で死亡,自宅で死亡

TEL:0120-497-594年中無休/24時間受付

■深夜・早朝でも対応可能

緊急・お急ぎの方
タッチすると電話がかかります

亡くなった時の対処方法Colimn

更新|

亡くなる場所で対処方法が違う

病院・介護施設・ご自宅・不慮の事故等、お亡くなりになる場所は様々です。
以前では病院で亡くなるケースが多かったのですが、近年では在宅介護の普及によりご自宅で看取る方や介護施設で亡くなる方も増加傾向にあります。
亡くなった場所で、対処の仕方が異なりますので注意が必要です。

対処の仕方

①病院で死亡

【民間病院の場合】
小規模病院は1社、大規模病院は2~3社提携してる葬儀社があります。
これを「院内業者」といいます。
ご家族が葬儀社を決めていない場合は、院内業者にご自宅や安置施設までご遺体搬送を依頼します。但し、葬儀の依頼は見積り等を取り慎重に決めてください。

【公営病院の場合】
公営病院は市内の葬儀社リストがあり、そのリストからご家族が選び直接その葬儀社へ連絡しお迎えに来てもらいます。
お葬式を葬儀社に依頼するのが一般的です。

②介護施設等で死亡

老人ホームや介護施設でお亡くなりの場合、かかりつけの医師に死亡診断書を書いてもらいます。また状況により警察が介入する場合もありますので、施設職員の指示に従って行動してください。
死亡診断書の発行後、葬儀社へ連絡しお迎えに来てもらいます。

③自宅で死亡

【かかりつけの医師がいる場合】
医師・ケースワーカに連絡し自宅に来てもらいます。
医師が到着するまでご遺体や周りの物に触れてはいけません。
医師による死亡確認を行った後、看護師によるエンゼルケアを行います。
その後、葬儀社に連絡しドライアイスの保全処置を行います。
【かかりつけの医師がいない場合】
ご遺体や周りの物には触れず、速やかに警察に連絡します。
警察が到着したら警察官の指示に従い行動して下さい。
鑑識による現場検証等を行いご遺体を警察署又は監察医務院に移動します。
細かい手順は、各都道府県により異なりますので注意が必要です。
警察から「知り合いの葬儀社はありますか?」と聞かれることがありますが、この場合は警察から紹介してもらい地元葬儀社に依頼する事をお勧めします。

④不慮の事故で死亡

不慮の事故で亡くなられた場合、確実に警察が介入します。
鑑識による現場検証・監察医によるご遺体の解剖等を行い死体検案書が発行されます。 通常は1~2日程度かかりますが、場合によっては1週間程度かかる場合もあります。各都道府県により手順が異なりますので、必ず警察官の指示に従って行動して下さい。
警察から「知り合いの葬儀社はありますか?」と聞かれることが多いですが、この場合は警察から紹介してもらい地元葬儀社に依頼する事をお勧めします。

<< 前のページに戻る