自家用車で搬送をする場合

自家用車で搬送をする場合

自家用車でご遺体を搬送する場合の注意点

自家用車で搬送の方が守る事

① レンタカーはダメ

レンタカーはダメ

犯罪性を疑われる可能性があるので、レンタカーでのご搬送はご遠慮下さい。

② 死亡診断書を携行

死亡診断書を携行

死亡診断書の原版(コピー不可)を必ず携行しご搬送を行って下さい。

③ ご家族が同乗

ご家族が同乗する

警察から質問等を受けた場合に備え、必ずご家族の同乗をお願いします。

自家用車でのご搬送について

ご遺族(家族)が亡くなった方を自家用車で運ぶ場合、法律的に規制はありませんが下記の内容を理解し遵守して下さい。

 

・ 必ず、家族の自家用車で家族が同乗して下さい。

・ ご遺体の状態により体液が漏れる場合があるので、お棺に納棺した状態が絶対条件となります。

・ 故人を直接座席に座らせてのご搬送は絶対におやめください。

・ 搬送専用車両や霊柩車でない一般車両にご遺体が乗っている時、何かしらの事態(検問・事故等)で警察に質問された場合、身分を証明する物を掲示し説明ができなければなりません。

・ 自家用車でのご搬送は、多少のリスクも伴います。自己責任でお願いします。

自家用車の下準備・乗せ方

座席を倒しフルフラットにする

手順 ① 座席を倒す

2列目・3列目の座席を全て倒しフルフラットにし、できるだけ平らになるようにしてください。

座席には汚れ防止の為、シーツやゴザ等を被せておくとよいでしょう。

 

 

空の棺を乗せる

手順 ② 空のお棺を乗せてみる

空のお棺を写真(ピンク部分)に乗せてみます。棺と座席の間に隙間がなくなるようにクッションやバスタオルなどを挟み安定するか確認します。

 

 

納棺後車両に乗せる

手順 ③ 納棺後、車両に乗せる

ご遺体をご納棺し、車両に乗せます。その時、男手が3~5人は必要となります。

到着先でお棺を降ろす時も男手が必要となりますので、予め手配をお願いします。

出発するまでのサポート

サポート内容7万円

 

長距離搬送のドライバー

自家用車でご遺体を搬送する場合、注意事項がたくさんあります。ご遺体の処置・お棺の乗せ方・運転の仕方・必要書類等、これら全てを完全サポートしご家族と故人様が安全に出発できるようお手伝いしております。

気兼ねなくご相談下さい。

よくある質問

Q 自家用車に遺体を乗せても大丈夫?

A ご家族の自家用車でしたら問題ありません。但し、死亡診断書(死体検案書)を必ず携行してください。

Q 乗用車ですが搬送可能でしょうか?

A 乗用車での搬送は不可能とお考え下さい。自家用車での搬送はミニバン車両のみとなります。

Q 警察の許可は必要?

A 警察への届出・許可は不要です。

Q 必要書類は何ですか?

A 死亡診断書(死体検案書)の原版 ・ 運転免許書 ・ 故人の身分証明書(写真付きが望ましい)

Q 同乗者は?

A 必ずご家族が同乗してください。一般車両にご遺体が乗っている時、何かしらの事態(検問・事故等)で警察に質問された場合、身分を証明する物を掲示し説明ができなければなりません。

Q 運転で注意することは?

A 急ブレーキ ・ 急発進 は厳禁です。雪道を走るイメージで運転を心がけて下さい。

Q ご遺体の処置はどうすればいい?

A 長時間の移動に適した処置を当社スタッフが行い、ご納棺をさせて頂きます。(但し、ご遺体の状態によっては自家用車での搬送は危険な場合もあるので予めご了承下さい。)

家族葬・火葬式・直葬・長距離搬送のお申込み
Copyright(c) 2003 葬儀のはるかセレモニー All Rights Reserved.  ※当サイトの全ての権利は「はるかセレモニー」にあります。無断転載及び引用は固く禁じます。