死亡届の書き方と提出先

死亡届の書き方と提出先

死亡届の記載方法について

死亡届の書き方

死亡届の書式は「死亡診断書(死体検案書)」と対になっておりA3サイズの用紙です。
右側部分(死亡診断書部分)を医師が記載し病院側から渡されます。 左側部分が「死亡届」となり、必要事項を遺族が記載し、届出人の印鑑を押印します。

「死亡届」を提出先できる役所は決められておりますので注意が必要です。
各市町村役場への提出は、葬儀社が代行できます。

死亡届の記載例

必要事項を記入の上、各市町村役場に死亡届を提出します。
提出する期限は戸籍法で、死亡が判明してから7日以内と決まってます。

【提出可能な市町村役場】
① 故人の死亡地
② 故人の本籍地
③ 届出人の住所地

 

上記の記載例だと、下記3つの市町村役場に提出できます。

① 東京都○○区 (→ 死亡場所の住所地)
② 大阪府○○市 (→ 故人の本籍地)
③ 宮城県○○市 (→ 届出人の住所地)

 ※ 故人の住所地 ・ 届出人の本籍地には提出できません。

家族葬・火葬式・直葬・長距離搬送のお申込み
Copyright(c) 2003 葬儀のはるかセレモニー All Rights Reserved.  ※当サイトの全ての権利は「はるかセレモニー」にあります。無断転載及び引用は固く禁じます。